top of page
  • 執筆者の写真DOUBLE OO '96

amachi. Collection 011 "Tree Climbing Shirt"




































福岡|天神|晴れ


Takaya:Collection 011/AW2022 "Vertical Concept"を象徴するTree Climbing Series。


"Tree Climbing Pants"と対を成す"Tree Climbing Shirt"は、前者と同じく木を登るという行為に対するデザインが特徴。


木の枝などから頭を守るフードと手の甲を守るハンドガード。


気にしがみつく際に摩擦が大きな前面は生地を二重に補強し、腕の内側もアームパッチで補強しています。


そして、木と密着する前面を避け、腰から背面をぐるりと半周するポケットを下部に配置。


さらに、フードとボディーを継なぐシームから水が侵入しないようにシームを排した特殊なパターンを採用するなど、なるべくしてなった様となっています。


Calvatia Grayは、矢車附子(ヤシャブシ)で染めた天然の色彩の美しさが魅力。


今シーズンを代表する作品の一つです。






「Tree Climbing Shirt」

COLOR:Calvatia Gray

SIZE:4/S・5/M・6/L

MATERIAL:Cotton 100%

PRICE:70,400 JPY






















amachi.

Collection 011/AW2022 “ Vertical Concept “






山岳地帯での生活を原体験にもつ私にとって

移動することは、山を登り、下りること

そして、木登りすることに象徴されるように

垂直方向へ行われる行為でありました


木登りを通して、自然の中に展開する垂直軸へ目を凝らすと

はっきりと変化してゆく植生、湿度、温度

それらが構成する個別の世界を見つけることができます


地面の高さで感じる腐植質、苔、土や鉱物の香り

そこから数センチ目線を上げたところに現れる下草

上へ行くほどに樹木の存在感が強くなってゆき

さらに上空には葉や梢のみずみずしさ、太陽の光

風の流れといった地上とは異なる世界が広がっています


垂直方向へ向かって多層的な広がりを見せる自然界


均質化した都市空間では感じる機会が少なくなった

そうした自然の営みへ思いを巡らす中で

繊細で美しい素材の質感や香り、空気の生み出すグラデーションを

一つのコレクションとして表現してみたいという思いに至りました


それぞれのピースには垂直方向へ連なる多層性

あるいは垂直軸に存在する一定の高さで感じ取ることができる情景を反映しています


“垂直”に切り取ることで、日常の意識を異化する

それが今季のコレクションの試みとも言えるでしょう











댓글


bottom of page