• DOUBLE OO '96

amachi. "Meeting Jacket - FO"

































福岡|天神|晴れ


Takaya:ルックでは"Layered Work Jacket"とのレイヤードによって汎用性の高さを印象付けていた"Meeting Jacket"。


ハイネック、フーディー、シャツなど様々な襟のインナーと相性が良いだけでなく、ストールなどの巻物、ポンチョなど1アイテム加えた際の収まりの良さも素晴らしい。


amachi.ならではの襟の形状やポケットの配置といった独自のディテールに加えて、ワークやミリタリーを基礎とする奥行きのあるもの作りは一見の価値があります。


ぜひこの機会に。






「Meeting Jacket - FO」

COLOR:Beige Gray・Dark Gray

SIZE:4/S・5/M

MATERIAL:Wool 85% Cashmere 15%

PRICE:¥62,000(tax in ¥68,200)




















amachi

Collection009 / AW2020

“Between bodies and field”




「歩行」という日常的でありながら奥深い行為を通して、得られる感覚や思考、

また行為そのものについて。 日々記録し、再解釈することで作られたコレクションです。

「歩行」とは、基本的な移動手段でありながら、

我々の身体と精神の連動性、思考の成り立ちと深く関係し、

空間や土地を理解認識する手段としても機能しています。

デザイナー自身の歩行の痕跡を、衣服に付着する種子、

雨で濡れた衣服の色の変化、日々の散歩で拾い集めた石の形状など、

身体が自然と接する事で発生する要素として抽出し、デザインに落とし込んでいます。

また、人類史的視点からリサーチを深める中、

西洋における「散歩」の起源が庭園にあることに行き着き、

歩くための空間として設計されている庭園をモチーフとした表現も

コレクションの大きな側面として存在しています。



このコレクションが、日々の歩行を捉え直す1つの契機として機能するのであれば、

それはファッションの新たな有用性になり得ると考えます。