• DOUBLE OO '96

amachi. "Random Grid One Piece"

更新日:10月2日





























福岡|天神|曇り


Takaya:レギュラーとロングの2型が展開されている"Random Grid Series"。


不均一な格子柄を広いリピート幅でデザインしたテキスタイルは、ウールのグラウンドに対して、柄糸のみ無染色のアルパカを使用することで、立体的かつ揺らぎのある独特な表情を生み出しています。


「Random Grid One Piece」は、その着丈の長さから美しいドレープが際立ち、存在感のある佇まいに


防寒性を高めてくれるロングタイプは、レイヤリングした時のバランスも秀逸で、スタイリングが楽しい作品となっています。


Wool 95% Alpaca 5%で構成された"Random Grid"の上質な面構えと美しいプロポーションが重なりは、袖を通すと感動を覚えるほどの仕上がり。


キーピースが一堂に会していますので、アウターやニットとの組み合わせはぜひこの機会に店頭でご覧ください。






茶蝶貝のボタン

細かく不均一に配された茶蝶貝のボタンは、本来の生産企画では真珠面か皮のマットな面、どちらかが表に出るものですが、低い確率で偶然双方が混ざり合ったものが出来上がります。

真珠面と皮面の混ざった独特なものをより集め、あえて使用する企画です。






「Random Grid One Piece」

COLOR:Beige Gray・Dark Gray

SIZE:4/S・5/M

MATERIAL:Wool 95% Alpaca 5%

PRICE:¥65,000(tax in ¥71,500)
























amachi

Collection009 / AW2020

“Between bodies and field”




「歩行」という日常的でありながら奥深い行為を通して、得られる感覚や思考、

また行為そのものについて。 日々記録し、再解釈することで作られたコレクションです。

「歩行」とは、基本的な移動手段でありながら、

我々の身体と精神の連動性、思考の成り立ちと深く関係し、

空間や土地を理解認識する手段としても機能しています。

デザイナー自身の歩行の痕跡を、衣服に付着する種子、

雨で濡れた衣服の色の変化、日々の散歩で拾い集めた石の形状など、

身体が自然と接する事で発生する要素として抽出し、デザインに落とし込んでいます。

また、人類史的視点からリサーチを深める中、

西洋における「散歩」の起源が庭園にあることに行き着き、

歩くための空間として設計されている庭園をモチーフとした表現も

コレクションの大きな側面として存在しています。



このコレクションが、日々の歩行を捉え直す1つの契機として機能するのであれば、

それはファッションの新たな有用性になり得ると考えます。