• DOUBLE OO '96

Hyōgu "Shiretoko EP 12 Inch" - Shōtaro Aoyama

































前作のアイヌ音楽とのコラボレーション作品「Ainu Utasa」に続く第二弾の今作は、「知床の自然」をテーマにTHE NORTH FACE のサポートの下、知床国立公園内でのフィールドレコーディングや撮影を行い、本作品を完成させた。

現代の和太鼓音楽の第一人者である林英哲さんを師とする和太鼓奏者の小泉謙一氏や、ミュージシャンの浮 (Buoy) が楽曲に参加し、知床の大自然のダイナミクスを音で表現している。

またTHE NORTH FACEの楽曲やサカナクションの楽曲などで仕事を共にした、Kuniyuki Takahashi氏によるリミックスも収録されている。


本作のレコードはスプラッター仕様になっており、知床の流氷をイメージした白い粒子が透明のレコードに配色されている。






Takaya:NEW REREASE !!


青山翔太郎さん主宰のレコードレーベル"Hyōgu"より2nd EPがドロップ!!


デジタル音源の配信が本日からスタートすると同時にオフィシャルサイトhyogu.jpでは"Shiretoko EP 12 Inch"の受注がスタート!!


詳しくはこちらへアクセスしてみてくださいね。
















Hyōgu = 表具 絵画や書などを掛軸・巻物・額装に仕立てる伝統的な技術を「表具」といい、作品の印象を左右する重要な役割を担う。 音楽におけるトラックメイキングは、ジャンルを方向づける大切な要素であり、 洋服におけるパターンと素材選びは、そのシルエットに大きく関わる役割をもつ。 古くから伝わる日本の音楽を主役に、新しい音楽の可能性を提案するレーベルとして、 そして伝統的な日本の技術、素材を主役に、現代にフィットするプロダクトを提案するブランドとして、 「Hyōgu」というレーベルとアパレルが融合したユニークなブランドは誕生した。



Hyōguのロゴは、Henri Matisseの「Dance」という作品がモチーフとなっており、 原作同様に、繊細で力強い筆使いで熱く踊る身体が描かれている。 原作は手を繋いで踊っている様子が描かれているが、 この作品では、各々が程よい距離を保ちながら別々の動きをしており、 これは現代的なコミュニティと、個性豊かな人間の集合体を表している。