top of page
  • 執筆者の写真DOUBLE OO '96

YACHIYO KATSUYAMA "CALENDAR"



























福岡|天神|晴れ


Takaya:今年ももう12月ですね。


"そろそろ来年の準備を"ということでカレンダーをお求めにいらっしゃる方が増えています。


かく言う私はと言いますと、2024 AUTUMN&WINTERの準備をしている真っ最中。


一年先。


新たな展開も決まっておりますのでどうぞお楽しみに。



そんな来年、2024年のYACHIYO KATSUYAMA "CALENDAR"は縦に長いジャバラ折り。


モノクロ両面印刷で表面に1月~6月、裏面に7月~12月の構成。


店頭でもご覧いただいたと思いますので、その全貌を掲載致します。



店頭で展示していて思ったことは、2024年になる直前にお部屋に飾るよりも手にしたらすぐに飾って、なんとなく眺めるのっていいなということです。


スマホのサイズ、その画面内では出来ないことですからね。


表裏で一年。


上半期、下半期の区切り。


全体を見渡しつつも、日めくりカレンダーの様に一日一日にフォーカスすることも出来ます。


素晴らしいですね。



2023年は皆さんにとってどんな一年でしたでしょうか?


今年のDOUBLE OO '96は、年始にオンラインストアでの販売を退め、お電話やメールでお一人お一人と向き合う形が保てる通信販売に立ち戻ったことが象徴的な出来事だったかと思いますが、その源となる考えに付随して様々な面であるべき地点へとまず立ち戻りました。


かつては当たり前だった時間軸(スマホやSNSによって失われた感覚)を取り戻すことに豊さを感じ、そこからまた歩を進め始めているのが現在地です。


こうしたことが皆さんにも伝わっているなぁと感じるのは、とにかくご紹介いただくことが多いこと。


お友達に同僚に。


先輩に後輩に。


ご兄弟にご両親にと。


「今度は中学校の時の友達??紹介するね〜〜〜」などと、よく笑いながら言っていた記憶があります。


本来の意味での"シェア"ですね。


そして、県外はもとより海外から、遠くはヨーロッパから訪ねていただいたり、おかげさまで毎日楽しく過ごさせていただいております。


いつもありがとうございます。



さて、来る2024年。


どういった一年にしていきましょう。


カレンダーをなんとなく眺めて"したいこと"を考えてみる。


忙しい中にもそんな余裕があればきっと素敵な一年になると思います。



2024年のDOUBLE OO '96は、年始からamachi.のリミテッドピースをリリース致します。そして春にはあれがあって、秋からは冒頭にお話ししました新たな展開が始まります。


楽しみですね。



「いやいやまだ2023年終われません!何かしたい!」という方は12/11(月)の夜、空けてください。


永く通って下さっている長原君、吉井君によるイベント「アフター・パーティー」がありますので!!


もはや忘年会ですね。


お客さん同士の縁が深まる場所にもなると思いますのでみんなで遊びましょう!!



ということで、YACHIYO KATSUYAMA "CALENDAR"。


残り少なくなっておりますがまだ間に合いますのでどうぞお見逃しのない様お願い致します。



P.S. 飾る際にたこ糸が必要な方には配布致しておりますのでお声掛けください。






「CALENDAR」

SIZE:1020mm×230mm(外六つ折 170mm×230mm)

MATERIAL:上質紙70kg

PRICE:1,540 JPY






YACHIYO KATSUYAMA

勝山八千代


イラストレーター


白や黒、茶色等のシンプルな色のパターンで、物や人をモチーフに描く。雑誌、書籍の挿絵の他、広告やアパレル、プロダクト製作へのイラストの提供や、各地で個展・グループ展を行っている。











Commenti


bottom of page